33歳。仕事辞めて留学行って帰って来たら、人生おかしな事になっていた。

33歳で仕事辞めて短期留学行って帰って来たら、予定してた人生がおかしな方向に向かってしまった。本当の方向を探すべく、いままでと今とこれからの自分の為に、もがいたり、見つめたりするためのブログ

【あんまりにも拗ねがひどい時は】何を聞いても何を読んでも全く入ってこない

彼氏がなにをしても、何を言っても、

とにかく怒りが止まらない時期がありました。

もう、とにかく次から次へと怒りが湧いてきて、

言葉の端々を拾って怒ってたんです。

f:id:fukuko_f:20170621204232p:plain

そりゃーもう、自分でも止められない。

今現在振り返ってみると、

当時の自分は。

 

彼の仕事が忙しすぎへの不満

&私が職場でいらん責任感でがんばってしまっていたので心が荒みまくり

&ストレスを食で納めていたため10キロ太って完全なデブ化

&劣等感

&無価値感

&30過ぎた焦りでがんじがらめ

&結婚への恐怖

などなどなど

 

いままで我慢してきたり、見ないふりしてきた物が

全てまとめて噴出している状態だったんです。

 

この状態、心が拗ねている状態らしいです。

 

で、ちょこちょこと心に関する本をよんだりしていたんですが、

全く響いてこない。

 

例えばこの本。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 五郎丸さんが人気絶頂だった時に、五郎丸さんが紹介した本として売られていて、

一時期すごい売れてた本です。

 

これを怒り絶頂の時に読んでたんですが、

まっっっっっったく、響いてこなかった。

「理屈はわかるけどさ、わかるけどさ、、、!!!

納得できないよね!!」

 

って状態でした。

 

 

その後、彼と別れてから読んでみたところ。

f:id:fukuko_f:20170621204855p:plain

びっくりするくらい、

内容が身にしみてくるのがわかりました。

 

 

拗ねすぎてたときは、拗ねてたので

まったく耳に入ってこなかったのですが、

 

彼氏と別れてからはそりゃもう必死なので、

正面から自分の気持ちに向き合おうとすることができたのかもしれません。

 

コチコチのコンクリみたいになってた心が別れた衝撃でコンクリに亀裂が入ってくれたおかげで、別の思考を入れる隙間ができた感じでした。

 

彼と別れて、9ヶ月くらい経ちましたが(早いなあ。。。)

あれから、心理や性格の本とか、あとは心のことを調べてるとたどり着く

斎藤一人さんの音声とか、今も聞きまくってます。

 

 

今は、スイスイと内容が入ってきて、すごく不思議です。

きっと拗ねが少し緩和されたのかもしれません。