読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33歳。仕事辞めて留学行って帰って来たら、人生おかしな事になっていた。

33歳で仕事辞めて短期留学行って帰って来たら、予定してた人生がおかしな方向に向かってしまった。本当の方向を探すべく、いままでと今とこれからの自分の為に、もがいたり、見つめたりするためのブログ

HSPとかアダルトチルドレンとか

 おひさしぶりです!

 

あいかわらず、ふと凄まじく寂しかったり不安になったり、

過去を振り返っては絶望したり、、、

 

凄まじく辛い時が多いです。

 

私はいまも元カレと連絡が取り合えるなかです。

元カレに彼女がいますが、

私の辛い気持ちをLINEで送りまくらせてもらっています。

 

元カレに依存しまくって、甘えまくってます。

付き合っている時は彼が提示してくれていた優しさに素直に甘えられた事がなかったのに。。。

もうこの際なので、私に新しい彼氏ができるまで、

甘えまくろうと思ってるんです。

 

で。

いろいろ本を読んだり、ネットで調べたりしています。

何が自分の本当の気持ちなのか、最近考えれば考える程わからなくなっているからです。

 

最近見つけたのは

アダルトチルドレン

HSP

というものです。

 

アダルトチルドレンというのは、

機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持つ」という考え方、現象、または人のことを指す

wikiより抜粋

 

 

HSPとは

生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

wikiより抜粋

 

おおまかに言うとこういった感じでした。

私の解釈をすると

アダルトチルドレンというのは

家庭や両親に問題があった。それを子どもだった自分は

「自分のせいだ」とおもったり、生命の危機を感じたり、

また、親から過剰に心の中に侵入されることによって、

自分の心を押さえつけたり。

 

大人になってからいままで押さえつけていた気持ち、今までの習慣が自分の枷となって生きづらさを感じること。

 

HSP

生まれつき他人よりも様々なことに敏感なので、

様々なことに気がついたり気を使ったりして、

心が疲れたり、生きづらかったりする人。

 

これらはどちらも、病気ではないんだそうです。

 

なので、お医者さんにかかっても診断できないらしい。

 

 

で、今の私の心境としては

「あーあ。。。10年くらい前に知っていたかったよ」

「えーーーーーーーーーーー。なんでカウンセリング受けてたのにわからなかったんだろう、、、」

 

 

こんな感じで過去に対する後悔が爆発です。

「そうだったのか!これで私の生きづらさが解消されるかもしれない。よし!」

 

ってポジに考えられません。。。笑

 

 

留学から帰って来て、2ヶ月経とうとしていますが、

すでに、1年前くらいの感じすらしています。

会社に勤めていた時は、2ヶ月なんて1週間くらいに感じていたのに、、、

 

忙しさにかまけて、

というか。

 

元カレに愚痴やらなにやら全部ぶちまけてたので、

自分の力でこんなに自分のことを考えたり悩んだりしたことがありませんでした。

 

オーノー。

 

私、ずっと結婚したくないし子ども欲しくないって思ってたんですが、

それもどうやらアダルトチルドレンが関係しているようです。

 

カウンセリング受けてみたいけど、

かなり高いなあ。。。。

 

どないしましょう。

って、思っているところです。