読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33歳。仕事辞めて留学行って帰って来たら、人生おかしな事になっていた。

33歳で仕事辞めて短期留学行って帰って来たら、予定してた人生がおかしな方向に向かってしまった。本当の方向を探すべく、いままでと今とこれからの自分の為に、もがいたり、見つめたりするためのブログ

偏見している人が大嫌いな私が、偏見をもっていたことに、気がついた。

今の気持ち

私は、偏見を持っている人が嫌いです。

例えば、

同性愛者に対して偏見を持っている人。

学歴で偏見を持っている人。

外国人に偏見を持っている人。

 

など。

 

f:id:fukuko_f:20170120173804p:plain

 

が。最近気がついたことがあります。

私は、見た目がチャラチャラした人が嫌いでした。

特にIT系社長のファッションとか、ダンサーファッションの感じとか、

そういう方が苦手というか、嫌悪してた部分があったんですね。

なんだか、、、ダサイ!って思ってたんです。

 

 

ですが最近、ダンサーの若者と、IT系の社長さんと話す機会があったのですが、

話してみると。彼らも中身は普通の人だったんです。

むしろとても仕事ができる優秀な方達だったので、

話しも上手で面白く聞く事ができました。

 

そして、それで気がついたんですが、

私も見た目や印象で、勝手に人の事を判断していたなって。

 

プライベートの付き合いで会う人たちで

自信がある人、というか仕事をバリバリこなしている感じの

優秀な人が苦手だったんですが、

なんで苦手だったのかもわかってきました。

 

私はずっと自分に自信がない人間だったので、

へこへこしてしまったり、

逆に、自信のなさを隠す為に強がってみせたりしてました。

 

自信がある人達は、変に自分を隠したり、飾ったりする必要はなく、

自然体なんです。

だから、それが私には怖く感じてしまった。

それが、偉そうに見えてしまった。。。

 

今思えば、そうだったのかなあって思います。

 

自分を隠す必要がない人間になりたいなー。