33歳。仕事辞めて留学行って帰って来たら、人生おかしな事になっていた。

33歳で仕事辞めて短期留学行って帰って来たら、予定してた人生がおかしな方向に向かってしまった。本当の方向を探すべく、いままでと今とこれからの自分の為に、もがいたり、見つめたりするためのブログ

彼がアニメを見ている時、なんで私はムカついたのか

前回の記事の続きです。

 

なぜか?と考えてみました。どんなところが嫌だったのか。

思いつくままに書いてみると。

 

・アニメを見ている時のダラダラした雰囲気が嫌だった

・彼が独立したときに、アニメの商品を沢山扱っていた。

 ちょっと私が手伝ったとき、私が失敗した事に、

 彼がすごく怒ったことがトラウマになった。

・アニメを見ている間は私の話しを聞いてもらえない

・私がテレビを元々好きじゃない。

 彼はTVを目覚まし時計のかわりにしていたが、私はそれがすごく嫌だった。

朝のワイドショーを付けられると

 「なんで朝からどうでも良い事を話してるんだ、、、」と、すごくイライラするから。

 

 

まだまだ原因をしっかり見極められていないのですが、

おそらくは

「アニメに彼を取られた」

「朝のワイドショーのイライラ=TVがイライラ=アニメがイライラ」に、繋がって行ったのかなーって思っています。

 

「ダラダラした雰囲気が嫌い」って部分。

これはおそらく「ダラダラしている自分が嫌い。

でも直せない、直さない自分がもっと嫌い」という心が動いていた気がします。

 

 

そもそもアニメを見る時間が夜12時をまわっていました。

なぜなら、私も彼も夜型人間。

私はダラダラとネットばかりしてしまう人間だったため、

寝る準備をするのが夜1時とかになってしまいました。

そしてそこからアニメを見始めると2時の就寝。

明日も仕事なのに、睡眠時間が減る。。。

 

 

自分が早く寝る準備を出来ない事を、彼のせいにしたかったのかなって、

今は思っています。

自分が出来ない事を棚に上げて、彼には

「早く寝る支度してくれないから寝るのが遅くなる!足も揉みたくない!!」

って、いう事になっていた気がします。。。

 

 

早く寝る準備を出来ない自分にコンプレックスを感じ、

それを出来ないイライラを彼にぶつけていたのかもしれません。。。

 

うーん。